歯周病や虫歯がみつかったらきちんと歯科医院にいきましょう

子供

放っておいたら大変です

医療

虫歯という言葉は人に苦いイメージをもたらします。人によっては、治療の際、ドリルの音を思い出す人もいますし、また、麻酔注射の激しい痛みを思い出す人もいます。虫歯は一度発生してしまうと、自然治癒することもありませんし、逆にほったらかしにしておくと、健康だった歯に飛び移り、被害はドンドン拡大していきます。その時に、甘いものを食べ過ぎたなどと思い出し、歯ブラシをしっかりしとけばなどと考えても、もう遅いのです。虫歯の存在が確認出来たら一刻も早く歯医者さんに向かって治療することが大事になってきます。虫歯が発生すると、主に4つの段階を経て悪化していきます。まずは初期症状として、歯の表面に広がるエナメル質を虫歯菌が食べてしまい、破壊してしまいます。そして次にそのエナメル質の奥にある象牙質を食べられます。第三段階は象牙質より更に奥、歯の髄まで侵食が進みます。そして第四段階、歯の根っこまで虫歯菌が進行していって、歯の寿命が尽きてしまいます。これらを防ぐ治療として根管治療というものが挙げられます。根管治療とは、第三段階と第四段階に至った虫歯の治療になります。歯が侵食され続けると神経まで到着して、かなり痛みが走ります。この虫歯菌に侵食されてしまった歯の髄を取り除くための治療が根管治療と言います。神経が通っている根管の中を、針金のような器具で掃除するのです。そして、掃除後に根幹を封鎖して他の細菌の侵入を防ぐのです。もちろん、虫歯になる前に早めに治療することが大事ですが、もし虫歯ができて、第三段階や第四段階という症状なら、こういった根管治療も覚悟しておかなければなりません。